I LOVE BALI 説明の大切さ

f:id:taukuda4470:20191114100924j:image

インドネシア出張の最後はバリに来ています。

青い海のビーチでゆっくりとビールを飲んでいます。旅の贅沢です。

f:id:taukuda4470:20191114101011j:image
インドネシアのビールと言えばこのビンタンビールです。

4.7%のアルコールで、さっぱりとした味です。

 

f:id:taukuda4470:20191114102707j:image

 

途中、おばさまが行商に

商品を選ぶまで価格は言いません。

 

簡単に半額くらいになりましたけど、高いです(笑)地元に貢献です。

 

f:id:taukuda4470:20191114102423j:image

 

ビーチはリーフに守られていて、穏やかです。

何時間でもいられそうです。

 

サービスや商品を提供する前には、価格や内容を伝えることは大事です。

安いです、高いですだけでは伝わりません。

 

介護サービスの重要事項説明は、文書を発行しているだけの装いです。

 

最近は、文書に写真を入れることをお勧めしています。

また、説明は、統一できるように動画で説明をお勧めしています。

 

これだけで、伝わり方が全然変わります。

 

動画は、携帯で簡単に撮影から編集そして共有まで簡単にできる時代です。

 

これを使わない手はありません。

 

12月に小樽市で介護現場のための、撮影の極意的なセミナーを開催することとなりました。詳細はまたそのうち。

 

もうしばし、バリを楽しみます。

 

 

 

 

釧路発祥の炉端焼き 調べてみたら 整然と並ぶウニたち

 

f:id:taukuda4470:20191111074933j:image

先日、中標津こ研修の打ち上げの交流会の料理です。

豪華な海の幸が並んでいます。

 

f:id:taukuda4470:20191111074523j:image

机に設置された、炭火焼でセルフで焼いていただきます。


f:id:taukuda4470:20191111074526j:image

安定のザンギ


f:id:taukuda4470:20191111074536j:image

揚げ物たち


f:id:taukuda4470:20191111074533j:image 

そして、海の幸たち

 

整然と並んでおります。

 

整然と並んでいると気持ちが良いものですね。

仕事場もそうでありたいものです。

 

最近は、電子化することで、すぐに検索ができるようになってきました。

画像も自動的に認識してくれるので、

何の画像を探しているか、音声や文字で問いかけると、検索結果が出てきます。

 

でも、まずは物理的な職場の整理整頓が大事です。

 

職場環境が整っていないと、仕事する意欲が減退します。

そして、書類などが整理していないことによる、探し物の時間が増えます。

 

一日中10分間探物をしていると、人生で153日も探物をしていることとなるようです。勿体無いですね。

 

日頃から整理整頓を心がけたいと思った次第です。

 

看取りを支える介護実践 その前に栄養補給

 

f:id:taukuda4470:20191109164405j:image

北海道中標津で行われた看取りをテーマにした研修に参加しました。

 

中標津介護支援専門員連絡協議会主催の研修会で、講師は北海道介護福祉道場あかい花代表の菊池雅洋先生です。

 

北海道介護福福祉道場あかい花はこちら

https://www.akai-hana.jp

 

高齢者がますます増えてくる

介護現場の大きな課題になります。

 

そのときに、どうしていくべきか

考えさせられる内容でした。

 

 

研修の前には、体力をつけるために

別海町にあるこちらのお店に

 

f:id:taukuda4470:20191109165018j:image

 

ポークチャップの有名なお店で栄養補給します。

 

f:id:taukuda4470:20191109165023j:image

このポークチャップ

700gです。

物凄い迫力です。

 

f:id:taukuda4470:20191109165026j:image

こちらは、400g

切り口がちてもきれいです。

 

豚肉をオーブンで焼き上げるのですが、

20〜40分かかります

 

本日は予約をして行ったので、すぐいただくことができました。

 

 

在宅支援診療所を運営していたときに、

ご自宅で看取られる方の支援をさせていただいていたことがあります。

 

終末期の栄養補給

水分摂取など、色々と工夫をしてきました。

 

相談職として、利用者さんの死の時の希望を前もって伺うこと

そして、看取られる家族のご希望

しっかり向き合って、共有しておくことが大事です。

 

定期的に、頭の整理をするために、研修に参加することは必要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

シンボル 首里城

ショッキングなニュース

首里城の炎上焼失

f:id:taukuda4470:20191101081732j:image

くしくも、今年初めて訪れていました。

朱色と鮮やかな青空のコントラストが印象的でした。


f:id:taukuda4470:20191101081722j:image

普段は、あまりやらないガイド付きのツアーに申込み、1.5時間ほどの行程で案内していただきました。

琉球王国の歴史、中国との関係など

興味深いお話をお伺いいたしました。


f:id:taukuda4470:20191101081738j:image

この写真の軒先も、中国の建築をリスペクトしているようです。


f:id:taukuda4470:20191101081656j:image

なんとも言えぬ、そらたった城壁
f:id:taukuda4470:20191101081648j:image

出迎える門も日本のものとは違いますね。
f:id:taukuda4470:20191101081718j:image

正殿の中の様子です。

※ここは、撮影許可が出てました。

 

多くの展示物があったのですが、撮影許可されていませんでしたが、とても煌びやかな素敵なものでした。


f:id:taukuda4470:20191101081709j:image

正殿の裏側
f:id:taukuda4470:20191101081704j:image

街並みを見下ろせる位置にあります。

それだけに、沖縄の皆様にとっては、大切なシンボルだったでしょう。

 

図面や資料は残っていますが、今朝のニュースでは、あの瓦の色はもう出せないと言われているようですね。

残念です。

 

1日も早い復興再建を願います。

 

 

沖縄といえば、泡盛
f:id:taukuda4470:20191101081700j:image

泡盛を2合、水割りでいただきました。

あても新鮮な魚介類


f:id:taukuda4470:20191101081652j:image

この泡盛があとでボディーブローのように効いてきます


f:id:taukuda4470:20191101081712j:image

そして、焼いただけのピーマン

鰹節と醤油を垂らしていただきます。


f:id:taukuda4470:20191101081727j:image

私、イカが大好物なんですね。

最高です。

 

こんな素敵な沖縄のシンボル的存在である首里城

1日も早い復興再建を願います。

 

那覇市の公式ホームページより募金がでできます!!

https://www.city.naha.okinawa.jp/safety/sinsai/shurijousienkin.html

自然の猛威 2019年台風20号

2019年、関東地方に台風20号ご直撃した。

一つ前に来た、台風19号は千葉県に多大なる被害を与えることとなったうえ、この台風20号はさらに広範囲に猛威を振るった。


f:id:taukuda4470:20191013141202j:image

反乱寸前河川

まだ、この時点で台風は来ていない状況


f:id:taukuda4470:20191013141149j:image

普段は、川底にチョロチョロと、流れる程度なのに…


f:id:taukuda4470:20191013141142j:image

手前は、川岸まであと20センチほどの状態。

この時点で!まだ台風は来ていない。


f:id:taukuda4470:20191013141206j:image

橋桁もこの状態
f:id:taukuda4470:20191013141157j:image

向こう側は、手前より1メートルほど高いので、撮影地点は、かなりやばい状況。

 

撮影前日は、晴天の沖縄にいた。

飛ぶはずの翌日便からが欠航となったため、

急遽1日早めての帰宅。

 

台風を飛び越えて台風の直撃を待つ形に。

台風19号の経験が頭をよぎり、対策をとらねばと無理くり帰ってきたわけです。

 

対策も終わり、とりあえず

 

 


f:id:taukuda4470:20191013141210j:image

焼肉


f:id:taukuda4470:20191013141138j:image

そして、ラム肉


f:id:taukuda4470:20191013141153j:image

最後は、ニンニクのホイル焼き

 

普段からアウトドアは好きで、最近はなかなか行けなくなったのですが、毎週のようにアウトドアフィールドで週末を楽しんでいた。

そんな、我が家はオール家電で、停電対策はもっぱらアウトドア用品。

 

この、焼肉で活躍したのは

イワタニ産業のやきまる

 

やきまる

http://www.i-cg.jp/product/grill/cb-slg-1_2/

 

水を貯めておくと、煙があまり出ないという構造の商品。

本当にこれが凄い!

 

備あれな憂いなしという言葉もあるように、日頃から準備しておくことが必要。

 

停電は、2ー3分ほどあったものの、全く問題なく過ごすことができました。

 

先ほどの川も氾濫することなく。

また、氾濫しても、川に対して高い位置にあるので、よほどのことがない限り大丈夫な場所。

 

最悪の場合は、シットオンカヤックで脱出と考え床につく。

 

翌朝は、台風一過とはこういうことだ!と言わんばかりの晴天。

 

 

介護施設医療機関も多大なる被害を受けた台風です。

 

水、食料に加えて衛生材料などの備蓄の重要性と、建物の場所や居住スペースの配置など考慮が必要であると痛感した出来事だあった。

蕎麦 本物を求めるとは

f:id:taukuda4470:20191031071955j:image

この写真は何だと思いますか?

 

 

茹でる前の一本の蕎麦です。

 

 

広島県福山市にの片隅にある、一軒の蕎麦屋でいただいた蕎麦。
全国各地から取り寄せた、旬の蕎麦を、さらに厳選して粉にする。
そして、10割の蕎麦をうつ。
丁寧な仕事が際立つ。
打った蕎麦は、まるで宝石のように、丁寧に扱われる。

そして、生蕎麦を味見

ゆったりとした時間の中で、

焼酎の蕎麦屋割りをいただきながら、

蕎麦を待つ。

 

駅前の、ささっと食べる蕎麦も実は好きなのだが、時間を味わうとでも表現できるこの時間がたまらなく楽しい。

 

f:id:taukuda4470:20191031072506j:image

 

そして、岐阜の藤九郎銀杏。

一際大きな一粒。

 

まず、木槌で軽く叩き、時間をかけてじっくり煎る。

 

手元のお酒は日本酒に変わる。

銀杏をあてに、時間を楽しんでいると蕎麦がお出ましとなる。

 

本物を求めるとは、こういうことをいうのだ。

美味しいものには、必ず時間や空間とのマッチングが必須。

 

駅でささっと食べるそばには、立ち食いがあっているし、待ち時間を極力減らすためのオペレーションの努力が助かる。

 

夜、酒を飲んだ後の締めに食べる蕎麦には、ゆったりとした時間となんとも言えない、女将とのやり取りをする空間が合う。

 

サービスを使う人にはそれぞれ求めることが違っている。介護のサービスにもそれは言える。

介護のサービスはとかく古くからのやり方をそのまま継続して提供している施設が多い。

 

使うことによって求めるものが違う。

もっと、バリエーションのあるサービスがたくさん地域にできると良いと思う。

 

何も、介護保険にこだわる必要は無いのだから。

なにか、ヒントをいただけた夜でした。
ごちそうさまでした。

 

とわり
084-922-3293
広島県福山市船町5-8-1F
https://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340301/34011951/

iPhone11Proのケース

iPhone11Proを発売日に購入。

とりあえずのケースを使っていましたが、本命を店頭で発見したので、早速購入。

 

IFace というブランドのケースです。

最近、物をいろんなところに置いてきてしまうので、目立つ赤にしました。

 

f:id:taukuda4470:20191023003705j:image

前面は、こんな感じ

 

f:id:taukuda4470:20191023003723j:image

背面はこんな感じです。

 

iPhoneのカメラは、背面のボディーから出っ張っているため、割れたり傷付いたりとしないか?と心配です。

 

このケースは、ちょうど赤の部分がカメラの高さより高くなっており、背面を下にしてテーブルに置いてもカメラが接触しないようになっています。

 

f:id:taukuda4470:20191023003727j:image

 

側面はこんなかんじです。

サイドがラウンドしていて、ちょうど手にフィットします。

 

f:id:taukuda4470:20191023003635j:image

箱はこんなかんじです。

 

f:id:taukuda4470:20191023003640j:image

引き出して

 

f:id:taukuda4470:20191023003701j:image

 

透明のプラスチックに包まれていて、高級感がありますね。

 

今までのiFaceのケースは、背面も色がついていて、せっかくのiPhoneのボディの色が見えないものでした。

 

この、REFRECTIONというシリーズは、背面が透明になっているので、あいふおのボディーカラーがそのまま見えるようになっています。

 

 

iPhoneを買うと、必ずケースと画面のガラスシートをつけて使っています。

 

ガラスシートは、ダイソーの100円のものです。

iPhone11Proは、画面側はXやXSと同じということで、発売日に前にダイソーで購入していました。

 

今までは、iPhone8だったので、このサイズは使い勝手どうか?と思っていたのですが、サイズはあまり変わらず、画面だけ大きくなっていて、とても目に優しい。

 

お気に入りのケースが見つかり、仕事がまた楽しくできそうです。